インドアがスキ!

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミュシャ展でスラヴ叙事詩を鑑賞する

夫くんです。

以前から行きたかった、国立新美術館で開催されているミュシャ展。
http://www.mucha2017.jp/
DSC08851.jpg

都内に行く機会があったので行ってきました!
スラブ叙事詩全20作品がチェコ国外で展示されるのは初めてとのこと。期待が高まります。
DSC08788.jpg

既に40分待ちの看板が。。。
DSC08789.jpg

・・・
DSC08790.jpg

ようやく入場♪
DSC08811.jpg

圧巻です!このスケール感、伝わるかな?
DSC08814.jpg


DSC08795.jpg

何かを訴えるかのように、こちらを見つめる眼差しの数々が印象的でした。
DSC08825.jpg


DSC08800.jpg


DSC08808.jpg

スラヴ叙事詩最後の作品。
DSC08803.jpg

スラヴ叙事詩のほか、購入した図録の裏表紙にもなっていたアール・ヌーボーのポスター等、
計100点の展示品の数々を堪能しました。
DSC09194.jpg

展示場を出た時には、入場から3時間も経っていました。
DSC08830.jpg

展示場前のスペースで、「チェコ人形劇の三つの顔」展と題して特別展示もされていましたよ。
DSC08844.jpg

不思議な魅力がある人形達。
DSC08833.jpg


DSC08842.jpg


DSC08840.jpg

美術館を出ると、外にまで入場待ちの行列が。
DSC08853.jpg









ミュシャ展 [ 国立新美術館 ]



価格:
2,399円


(2017/06/01 20:43時点 )


感想:5件



今度は妻とチェコでもう一度観たいなぁ。
DSC09180.jpg



↓ランキング参加中
ポチッとクリックしてもらえると妻のモチベーションがあがります!


人気ブログランキングへ
↑↑ こちらをクリック ↑↑


関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。